ビジネス実務法務検定を通信講座で受験するメリットとデメリット

ビジネス実務法務検定は受験予備校の講座を受講しないと合格できない資格試験ではないですが、やはり講座を受講する方が合格はしやすいです。そこでビジネス実務法務検定を通信講座で受験する場合のメリットデメリットについてまとめました。

通信講座のメリット

ビジネス実務法務検定を通信講座で受験する場合のメリットは次の通りです。

  1. 試験情報や法改正などの試験情報が豊富!
  2. 受験環境が整っている!
  3. 好きな時間に勉強できる!

情報が豊富!

受験予備校の優劣は講座受講者の合格率に左右されるため、どの受験予備校も受講生を一人でも多く合格させるために知恵を絞っています。各受験予備校のサイトを見たらわかると思いますが、多くの受験予備校で「合格者数○○人!」「合格率○○%達成」など、合格実績を大きくアピールしていると思います。

そのため各受験予備校ではビジ法の試験傾向の分析、苦手項目の解説方法、法改正の情報提供など、独学で勉強していては得ることが難しい情報を提供し、一人でも多くの生徒が合格できるようにサポートしています。

受験サポートをしていることろがある!

ビジ法の予備校の中には通信講座の受講生がわからないところを質問できるように電話やメールなどで質問できるようなサポート体制を整えているところがあります。また、万が一不合格になった場合のフォローをしているところもあります。フォローは予備校によって異なりますので資料請求などをして確認してください。

好きな時間に勉強できる!

通信講座は独学で勉強しているように自分の都合の良い時間に勉強することができるため、仕事やアルバイトで定期的に講座を受講することができない人に最適です。

スポンサーリンク

通信講座のデメリット

ビジネス実務法務検定を通信講座で受験する場合のデメリットは次の通りです。

  1. 授業料などの受験費用が高い!
  2. 途中で受験を諦める人が多い!

費用が高い

ビジ法の通信講座の受験費用は通学講座と大差がなく、授業料や教材費で大体3万円、さらにこれに本試験の受験料が必要です。独学で勉強する場合の約2倍は必要です。

途中で諦める人が多い

通信講座は好きなときに自由に勉強できる反面、いつまでも勉強せずに受験を諦めてしまう人がいます。ビジ法の受験勉強に限らず資格試験の受験勉強は楽しいものではありません。通学講座のように半強制的に勉強しないので、つい疎かになってしまい、その結果、試験までに合格レベルに達せず、受験自体を諦めてしまう人がいます。

勉強するのが苦手な人や初めて資格試験を受験する人は面倒でも通学講座を受講することをオススメします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 2017年度受験対策のビジネス実務法務検定公式テキストが販売スタートです。ビジネス実務法務検定は公式…
  2. ビジネス実務法務検定3級に合格するための勉強時間は「ビジネス実務法務検定に合格するための勉強時間」で…
ページ上部へ戻る