通信講座はカリキュラムを守って勉強する

一般的に通信講座には受験予備校が作成したカリキュラム(勉強計画)があります。ビジネス実務法務検定は通信講座のカリキュラム通り勉強すれば合格できる資格です。

スポンサーリンク

どの受験生でも合格できるようなカリキュラムになっている

一般的に受験予備校が作成するカリキュラムは知識ゼロの受験生でも合格できるようなものになっています。「このペースで勉強していて大丈夫かな…」などといった不安があるかもしれませんが、受験予備校のカリキュラム通り真面目に勉強すれば合格できます。

余程の事がない限りカリキュラムは守る

交通事故で入院した等の事情ない限り、カリキュラムは守るようにしましょう。一度、カリキュラムの期日を遅れるとそれを取り戻すのは大変です。そのままズルズルと受験から遠ざかってしまう恐れがあります。

カリキュラムが遅くてもあまり先に進まない

通信講座は自分のペースで勉強できますが、受験予備校が作成したカリキュラムよりも先に進まない方が良いと思います。勉強しているとついつい先に進みたくなりますが(新しいことを学ぶほうが楽しいですし)、先に進む前に過去の復習をしましょう。資格試験の勉強は予習よりも復習の方が大切です。次々進んで勉強する人の中には復習が不十分な人がいます。勉強は予習よりも復習が大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 「ビジ法3級アンケート」を見てもわかるようにビジネス実務法務検定3級受験生の多くが独学受験をしていま…
  2. 新年度を控えてそろそろ資格でも勉強しようかな、と思っている人は多いのではないでしょうか。今からであれ…
ページ上部へ戻る