通学講座を受講している人の勉強法

ビジネス実務法務検定を受験予備校の通学講座で受験している人の勉強方法について。

基本スタイル

受験予備校の通学講座を受講している人は、基本的に予備校のカリキュラムを信用して勉強していれば大丈夫です。復習を中心に勉強し、授業で学んだ項目は必ず次回授業までに復習をして宿題も忘れずにしましょう。ビジネス実務法務検定は予備校の授業を真面目に受講して、復習をしっかりしていれば合格できる資格です。

スポンサーリンク

通学講座を受講する場合の注意点

ビジネス実務法務検定の通学講座を受講する場合の注意点は次の通りです。

  1. 欠席率が高い人ほど不合格になる傾向
  2. 市販のテキストは必要ない!

欠席率の高い人ほど不合格になる傾向がある

通学講座はできる限り欠席してはいけません。というのは、通学講座で欠席率の高い人ほど、不合格になる傾向があるからです。仕事や病気などでどうしても欠席してしまったときは、すぐにDVD補講などを受講して次回の講座に間に合うようにしましょう。欠席する回数が増えると次第に授業に出席しにくくなり、そのうち受験勉強自体を諦めてしまう恐れがあります。通学講座を受講していて受験を諦める人の多くが最初に欠席したときにすぐに補講を受講しなかったため授業についていけなくなった事が原因になっています。

市販のテキストは要らない

書店に行けばビジネス実務法務検定に関する受験本が数多く販売されていますが、通学講座を受講している人は、市販の問題集などは必要なく、予備校で配付される資料だけで十分合格できます。ビジ法は本を買い漁らないと合格できないような難しい試験ではありません。

ただし、どうしても予備校の資料だけでは不十分であると感じる場合には、1冊だけ問題集を購入しましょう。あまり複数の本を購入しても結局読まずじまいになってしまうと思います。問題集選びは当サイトのおすすめ本ページを参考にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ビジネス実務法務検定の受験予備校である通勤講座の授業料や評判、口コミなどをまとめました。 (さらに&…
  2. 新年度を控えてそろそろ資格でも勉強しようかな、と思っている人は多いのではないでしょうか。今からであれ…
ページ上部へ戻る