独学受験生が陥る失敗例

ビジネス実務法務検定は独学で合格できない!という難しい試験ではありませんが、やはり受験予備校の講座を受講する場合に比べると独学受験の方が不合格になる人は多くなります。そこでビジネス実務法務検定を独学で受験して失敗する人の具体例をまとめました。

ビジネス実務法務検定の独学受験生の失敗例

ビジネス実務法務検定を独学で受験している人が陥る失敗例は主に次のことがあります。

  1. 古い参考書や問題集を買う
  2. 参考書や問題集を何冊も買う
  3. 勉強するとき、しないときのムラがある
  4. 試験直前まで勉強しない(一夜漬け)
  5. 勉強法を間違えている

スポンサーリンク

古い参考書や問題集を買う

ビジネス実務法務検定は法律の試験です。法律は毎年様々な改正があるため古い年度の参考書や問題集だと最新の法改正が反映されておらず、古い法律を間違えて覚えてしまう恐れがあります。中古で本を買うのも良いですが、必ず受験する年度の参考書や問題集を買うべきです。少しのお金を節約するために古い本を買って不合格になってしまったら、再べ受験しなければならず、その受験費用の方が高くつきます。

参考書や問題集を何冊も買う

ビジネス実務法務検定を独学で受験する人の中には参考書や問題集を何冊も買う人がいます。おそらく何冊も買う人は参考書や問題集が何冊も目の前にあると勉強した感じがするからでしょうが、これは間違った勉強法です。ビジネス実務法務検定は何冊も参考書や問題集が必要になる試験ではありません。公式テキストと問題集1冊、過去問題集1冊があれば合格できます。ビジ法には公式テキストがあり、試験はこの公式テキストから出題される!と試験要項に明記されています。つまりこの公式テキストさえ覚えてしまえば合格できるのです。公式テキストを覚えるのに何冊も参考書や問題集は必要ありません。1冊の問題集を何度も何度も解きなおせば公式テキストをマスターすることができます。そもそも何冊も問題集を買っても全てを覚えることはできませんし、きっとどの問題集も中途半端になってしまいます。私は何冊も問題集を買うくらいなら1冊の問題集をボロボロになるまで解く方が合格すると考えています。

勉強するとき、しないときのムラがある

受験予備校だと勉強にムラが出ないように定期的に講義を行うことで勉強にムラが出ないようにしてくれますが、独学受験だとどうしても勉強したりしなかったりということがあります。月曜日は5時間したけど、火水木金は0時間…。これでは知識が頭に残り難いです。勉強は少しでも良いので毎日継続してするのが一番です。

試験直前まで勉強しない(一夜漬け)

独学受験は自分で勉強しなければならず、ついつい勉強を後回しにしてしまいがちです。その結果、試験直前に「ヤバイ…」となって一夜漬けに。ビジネス実務法務検定3級なら1週間あれば合格できるとは思いますが、短期間受験にはリスクがあります。短期間受験はどうしても表面上の理解しかできていないため違った角度から出題されると途端に正答できなくなってしまいます。

ビジ法に合格するための勉強法を間違えている

ビジネス実務法務検定は勉強法さえ間違わなければ2級3級は合格できますが、独学受験の場合はどのように勉強すれば良いのかわからず、受験の中には間違った勉強法をしている人がいます。勉強法を間違えると勉強効率が悪く、なかなか成績が伸びません。ビジ法の独学勉強法は当サイトでも紹介していますので参考にして下さい。

ビジネス実務法務検定は独学で合格できる資格試験

ビジネス実務法務検定の独学受験では上記のような失敗をする受験生がいますが、そもそもビジ法は受験予備校の講座を受講しないと合格できないような試験ではなく、勉強法さえ間違えなければ独学でも合格できる資格試験です。独学受験の場合はどのように勉強したらいいのか、どの参考書や問題集がいいのか等、わからないことが多いと思いますが、当サイト等を活用して真面目にコツコツ勉強すればビジ法2級ならきっと合格できるはずです。当サイトではビジネス実務法務検定独学受験生のために勉強法等を順次アップしていくので受験勉強の参考にして下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. TACのオリジナル教材が2016年度第39回ビジネス実務法務検定2級3級の試験にズバリ的中したとサイ…
  2. ビジネス実務法務検定の受験予備校である通勤講座の授業料や評判、口コミなどをまとめました。 (さらに&…
ページ上部へ戻る