ビジネス実務法務検定の過去問題は早い時期に解く

過去問題はいつ解くのが正しいと思いますか?ビジ法に限らず資格試験の過去問題集を解くのに最適な時期というのが決まっています。

スポンサーリンク

ビジ法の過去問題は早めに解くべき!過去問題集は試験傾向を掴むための最高の教材!

過去問題を試験直前の実力テスト代わりに使う人がいますが、これは過去問題の間違った使い方です。過去試験問題は一日でも早く解くべきです。理由は過去問題を早い段階で解くことによって試験傾向や難易度などを把握できるからで、試験傾向や難易度を把握することで本試験までの勉強計画を立てやすくなります。

もし、あなたが過去問題を試験直前に解いた場合で結果が良くない時はどうしますか?点数が良くないということは、勉強方法が間違っているということです。試験直前に勉強方法が間違っていたとわかってもどうしようもありません。

過去試験問題を早い時期に解くことで勉強方法が間違っていないか、出題傾向はどうであるか、難易度はどの程度かなどを早い段階でわかるため、勉強方法の修正や対策を立てやすくなるので私は過去問題は最初に解くことをオススメしています。公式テキストを読んだ後は、まずは過去問題を解きます。公式テキストを読んだだけの状態で過去問題を解いても殆ど正答できないと思いますが、大丈夫です。過去問題は良い点数を取るためのものではなく、試験傾向を掴むためのものです。極端な話、0点でも全く問題ありません。

ビジ法の過去問題を解く時の注意点 これに注意して問題を解いて下さい!

過去問題を解くときは、間違えたところを公式テキストで確認するのは勿論ですが、それだけではなく過去問題で問われた箇所は公式テキストに蛍光マーカーなどでチェックして下さい。そのチェックするときの蛍光マーカーは過去問題専用の色を作ることをオススメします。このように公式テキストに過去5回分くらいの過去問題をマークすることで公式テキストのどの箇所から多く出題されているのかをひと目でわかるようになり、出題傾向を掴むことができ、今後の試験勉強を効率良く行う事ができます。

独学受験の人は必ず過去問題集を買うべき!

どんな試験でもそうですが過去問題は最も重要な問題集で、効率良くビジ法に合格するには過去問題は必須です。特にビジ法を独学で勉強している人は試験傾向を掴むためにも過去試験問題を必ず購入するべきです。受験予備校に通えば講師などが試験傾向を踏まえた授業をしてくれますが、独学受験の場合は自分で試験傾向を掴まないと勉強効率が悪くなってしまいます。

なお、過去問題集は最新のものを買いましょう。ビジ法は定期的に法律改正があるので古本だと間違えて覚えてしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 2017年度受験対策のビジネス実務法務検定公式テキストが販売スタートです。ビジネス実務法務検定は公式…
  2. 「ビジ法3級アンケート」を見てもわかるようにビジネス実務法務検定3級受験生の多くが独学受験をしていま…
ページ上部へ戻る