ビジネス実務法務検定の試験傾向を見つける方法

ビジネス実務法務検定に限らずどの試験にも傾向というものがあります。出題頻度の高い項目や定期的に出題されている項目などの試験傾向を見つける方法についてまとめました。

スポンサーリンク

ビジネス実務法務検定の試験傾向を掴むためには過去問題集を解くのが一番!

どの資格にも共通していることですが、試験傾向を見つけるためには過去問題を解くことが重要です。過去問題は当然のことながら、過去に試験問題として出題されたものです。特にビジネス実務法務検定のように試験範囲が限定されている資格(公式テキストの範囲内)については、定期的に同じような問題が出題されています。つまり、過去に出題された問題を分析することで試験傾向を簡単に掴むことができるのです。TACなどの受験予備校に通っていれば、受験予備校が試験傾向を踏まえた授業をしてくれますが、独学受験の人は自分で試験傾向を掴まなければいけません。そのため独学受験の人は過去問題集を買うことをオススメしています。また、過去問題を解く時期というページでも紹介していますが、試験傾向を掴むためにも過去問題はできるだけ早い時期に解くべきです。

過去問題の出題個所を公式テキストにマークする!

ビジネス実務法務検定の過去問題はただ単純に解くだけでも良いですがそれでは過去問題集を完全に活用しているとはいえません。過去問題集を解くときは、必ず出題箇所を公式テキストに書き込むようにしましょう 。私は過去問専用の蛍光マーカーを用意し、公式テキストにマークしていました。また、マークするときは、「第3回出題」といったように、いつ出題されたのかも記入しました。このようにマーカーを引きながら過去5回分くらいの過去問題を解けば公式テキストに試験傾向が現れます。出題個所って結構重複していますよ。

ビジネス実務法務検定の過去問題を買う時の注意点

ビジ法は法律の試験なので、過去問題集を買うときは最新のものを買いましょう。ビジ法は人気がある資格なので古本でも過去問題集が売っていますが、法律改正などで貴方が受験するときには法律が変わっているかもしれません。せっかく覚えたのに法律改正で不正解…ということにならないためにも最新の過去問題集を買う事をオススメします。中古も新品も値段は同じようなものですし、試験に不合格になる方が割高だと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ビジネス実務法務検定3級に合格するための勉強時間は「ビジネス実務法務検定に合格するための勉強時間」で…
  2. TACのオリジナル教材が2016年度第39回ビジネス実務法務検定2級3級の試験にズバリ的中したとサイ…
ページ上部へ戻る