大学の講座と予備校の講座ではどちら良いですか?

大学生です。大学では校内の資格講座でビジネス実務法務検定講座がありますが、TACやLECといった学校とどちらが良いでしょうか?

スポンサーリンク

大学生なら大学内の講座がオススメ

大学生であれば、大学の講座の方が良いです。大学の講座には、同年代の人が受講しているので勉強友達が作りやすいです。予備校にも大学生はいますが、大学ほどではありません。受験友達がいると勉強方法やわからない箇所などを相談することが出来るためとても心強いです。

それに大学内で講座を開講するため楽です。外部の予備校であれば、大学後に電車などに乗って移動しなければなりません。

ただし、一般的に大学のエクステンションセンターの講座には欠席時のフォローを行っているところが少ないです。休んだ場合は、それでオシマイ。「次回出席する時までに欠席した所を自分で勉強してきてください。」というところが多いです。TACやLECなどの予備校であれば、欠席時のフォロー制度が充実しています。振替講義やDVD補講などで再受講ができるところが多いです。もしクラブ活動やアルバイト等で定期的に授業を受けることが出来ない恐れがあるのであれば、外部の予備校にすることをオススメします。予備校によってフォロー制度が異なりますのでHPや資料請求などしてあなたのライフスタイルに合った予備校を選びましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ビジネス実務法務検定3級に合格するための勉強時間は「ビジネス実務法務検定に合格するための勉強時間」で…
  2. TACのオリジナル教材が2016年度第39回ビジネス実務法務検定2級3級の試験にズバリ的中したとサイ…
ページ上部へ戻る