ビジネス実務法務検定は独学で合格できる!

ビジネス実務法務検定は独学でも合格できる資格のひとつです。もちろんTACなどの受験予備校の講座を受けた方が合格しやすいですが、独学でも合格できます。私がビジ法を独学でも合格できると考えている理由を受験経験を交えて紹介します。

スポンサーリンク

私が独学でビジネス実務法務検定に合格できると考える理由

ビジネス実務法務検定2級と3級は独学でも合格できる資格試験のひとつだと考えています。初めて資格試験を受験する人からすると、「独学で勉強するのは難しそう…」と思うかもしれませんが、大丈夫です。私の経験上、ビジネス実務法務検定は勉強法さえ間違えなければ独学でも合格できる試験です。そこで、まず私のビジネス実務法務の受験経験を紹介します。

私のビジネス実務法務検定3級受験

私はビジ法3級は大学の資格講座を利用しました。私がビジ法3級の資格講座を利用しようと思ったのは大学の資格講座案内でビジネス実務法務検定の存在を知ったからで、大学の授業の後に講座が開講していたことと、法律の試験を始めて受験すること、当時はネット情報が少なかったこと等から大学の教室講座を受講しました。

教室講座は直接ビジ法担当講師の説明を聞けるのでわかりやすく勉強しやすかったのですが、ビジ法3級はそもそも公式テキスト自体がわかりやすいので、予習の段階でほぼ全ての内容を理解できたため、授業を受ける必要がないように感じました。良かったのは授業の最初に受けるミニテストや模擬試験を受けるくらいですかね。これは「私は勉強ができるよ。」という嫌味ではありません。本当に公式テキストと公式問題集は読みやすいですよ。

私のビジネス実務法務検定2級受験

ビジネス実務法務検定3級受験の時にビジ法は独学で十分と感じたため、ビジ法2級の受験では独学で勉強しました。ビジ法2級になると多少難解な箇所が出てきましたが、公式テキストを何回か読んでいるうちに理解できるようになりました。勉強法はビジ法3級のときと全く同じで、ビジ法3級の延長線上にビジ法2級があると考えて間違いありません。そのときの勉強方法を紹介していますので独学で受験する人は参考にしてください。独学勉強法はこちらから

ビジネス実務法務検定を独学で合格できると考えるポイント

私のビジネス実務法務検定の受験経験はこの通りですが、その経験から感じたビジネス実務法務検定受験を独学で合格できると考えるポイントは次の通りです。

  1. ビジネス実務法務検定の公式テキストはわかりやすい!
  2. ビジネス実務法務検定は試験範囲が狭い!
  3. ビジネス実務法務検定は出題傾向を押さえたら合格できる!

独学合格できる理由①ビジ法は公式テキストがわかりやすい!

ビジネス実務法務検定には公式テキストというものがあり、試験はこの公式テキストから出題されることになっています。しかもこの公式テキストは読みやすくてわかりやすい!初めて法律を勉強する人でも理解しやすいように具体的な事例を用いたりしているため、独学で勉強している人でも大きな苦労なく勉強できるのではないでしょうか。

独学合格できる理由②ビジ法は試験範囲が狭い!

ビジネス実務法務検定の公式テキストですがページ数が多くなく、かつ、1ページあたりの文字数も決して多くはありません。つまり、試験範囲は広くはありません。

独学合格できる理由③ビジ法は試験傾向を押さえたら合格できる!

ビジネス実務法務検定は公式テキストから出題される上に試験範囲が広くないため、出題傾向というものを押さえやすく、ポイントを押さえて勉強すれば独学でも合格できます。では、出題傾向をどうやって押さえるのかですが、そのためには過去問題集が必要です。過去問題集を何回分か解くとわかると思いますが、ビジネス実務法務検定は同じようなところから何度も出題されています。その項目を重点的に勉強することで独学受験であっても合格することができます。

受験予備校は勉強する習慣を付けるために行く

上記理由から私はビジネス実務法務検定は独学受験オススメしています。やはり予備校受験だと授業料など必要ですしね。

ただ、次のような人は独学受験よりも予備校受験の方が合格しやすいと思います。

  1. 初めて資格の勉強する人
  2. 三日坊主癖のある人
  3. 会社命令や就活対策などで今回の試験で絶対に合格しないといけない人 等

受験予備校では受験生を合格させるためのサポートが充実しているので独学受験よりも合格しやすいので、これらに該当する人は受験予備校で講座を受講した方が合格しやすい(安心して受験できる)と思います。

ビジネス実務法務検定は合格率が高い資格

ビジネス実務法務検定は合格率が高い資格のひとつです。ビジ法の合格率の推移「ビジ法の合格率」を見るとわかると思いますが、特にビジ法3級の合格率は80%前後です。80%というと20%の受験生が不合格ということになりますが、この20%はそもそも合格レベルに無い、いわゆる「記念受験組」です。試験直前まで全く勉強せず前日に焦って勉強する一夜漬け、試験に申込みしたものの途中で勉強を諦めたけどとりあえず試験だけは受けてみようかなという人で、真面目に受験勉強したのに試験問題が難しくて合格できなかった人たちではありません。実際にはビジネス実務法務検定3級の場合は真面目に勉強した人は殆どの人が合格しています。

これらのことから私はビジネス実務法務検定は2級3級であれば独学でも合格できると考えています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 新年度を控えてそろそろ資格でも勉強しようかな、と思っている人は多いのではないでしょうか。今からであれ…
  2. ビジネス実務法務検定3級に合格するための勉強時間は「ビジネス実務法務検定に合格するための勉強時間」で…
ページ上部へ戻る